門真市で整骨院をお探しなら、まつもと鍼灸整骨院へ!

坐骨神経痛の改善例~大阪市鶴見区 30代女性 T様

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。
当院に寄せられた患者様の声をご紹介いたします。

「坐骨神経痛になり、近くの病院に通っていましたが
全く良くならず、インターネットで検索した時にこの
病院がヒットし、ワラをもすがる思いで来院。
細かく状態を聞いて、詳しく説明してくれ
不安もなく通院できました。施術をして頂いた
おかげで、あんだけの激痛が今はほぼなくなりました。
スタッフの方々も気さくに話して頂きました。
院長先生はじめスタッフの方々に感謝感謝デス(^^)」

この患者様は左の腰と左大腿部から下腿部の外側にかけて痛みがあり、歩くのも辛い状態で来院されました。整形外科で坐骨神経痛と診断されましたが、当院で検査すると左の仙腸関節と腰椎、足首の関節に機能異常(ズレ)があり、この部分を施術することで徐々に症状が軽減されました。最初の3回目までは足の痛みがなかなか取れず、「いつになったら治りますか?」と不安も訴えておられましたが、4回目以降まず大腿部の痛みが軽減し、その後下腿部の痛みが軽減し、今では痛みはほとんど無くなり、現在ご主人の鉄工所のお仕事を手伝いできるまでになられました。

DSC_0820一般的に病歴が長いと(痛くなってからの期間が長いもの、要するにこじらせたもの)回復にも時間がかかります。痛みを感じたらなるべく早めにご来院していただく方が、時間も費用もかからずに済みますね。

投稿日:2015/11/16

京都から、まつもと鍼灸整骨院にご来院「早くここに来れば良かった」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の岩武です。

「もっと早くここに来れば良かった。」

最近、京都からわざわざ通われてる患者様から嬉しい言葉を頂きました。初めて来られたときは腰が伸びにくく、上向きで寝るのもしんどくいろんな所で治療したがなかなか良くならない状態でした。
身体の状態を触らせて頂くと腰まわりの骨の動きが悪く筋肉に負担がかかってる状態だったのでAKA療法で関節の動きをつける治療させていただきました。それだけで上向きで寝れるようになり、2回目の治療で腰を動かしても大丈夫なり驚いてたようでした。その時に患者様の口から出た言葉で
自分も嬉しくなりました。
もっとこのような言葉をもらえるように頑張っていきます。

投稿日:2015/11/11

交通事故治療研修会に参加しました

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の佐竹です。
先日、東京の五反田にある某所にて、交通事故治療研修会に参加してきました。
むち打ち等の症状はレントゲンに映らない事が多く、病院では、湿布、鎮痛剤処方、首のけん引、電気治療等をおこない、改善しないケースが多いです。
当院では、レントゲンに映らない「関節の機能障害」を取り除き、はっきりとした病変を持たない不定愁訴を改善させます。
交通事故後の症状をしっかりと治療せず放置しておくと、将来辛い思いをしてしまいます。
事故後すぐではなく、時間が経過してから発症する事も多いです。
交通事故後の症状を早期に改善に導くために、被害者様自身が納得できる医療機関を受診して下さい。
万が一、交通事故に遭ってしまった方は、当院にご相談下さい。

投稿日:2015/11/03

腰痛でお悩みの患者様~門真市 30代女性 M・N様の改善例

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の生田です。

 

腰痛でお悩みの患者様の声をお伝えします。

「動くのがツラいくらい腰と背中に痛みを感じて、口コミを見て来院しました。様子を見ながらていねいに施術して下さるので施術に痛みを感じることもなく、普段の生活でもあまり痛みを感じなくなりました。先生だけでなく他のスタッフの方も明るく、気軽に来ることができます。」

DSCN0630

という声をいただきました。この患者様はAKA療法を受けていただいて4回施術させていただいており、3回目にはほぼ痛みもなくなっているのですが、ちょっとした動作の時にまだ痛むことがある感じなので現在2週間に一回のペースで来院いただいております。卒業いただくのも間もなくでしょう。

投稿日:2015/10/27

門真市から、まつもと鍼灸整骨院にご来院「出産後の骨盤ベルトはどこを締めたらいいんですか?」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の岩武です。

最近、いろんな患者様から骨盤ベルトはどの位置で巻いたらいいんですか?

患者様からこのような質問されることが多いです。腰に巻いたらいいですよとかお尻の下あたりで巻いたら良いですよとか病院で聞いてもいろいろ言われてわからくなってる方もおられました。

そういう方は骨盤も上手く巻けてなく骨盤がゆがんでしまってる方がほとんどです。矯正してあげると「まっすぐたてるようになった。」「お尻が小さくなった。」など変化の声を頂くと出産後のケアって大切なんだとつくづく思います。

出産後ゆがみが気になる方は一度来院して下さいね。巻く位置も伝えていきたいなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

投稿日:2015/10/23

足の痺れの改善例~箕面市 60代女性 Kiyoko様

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。

当院に寄せられた患者様の声をご紹介いたします。

「6~7年前から足の痺れに悩んでいて、買い物に行くのもおっくうな状態が続いておりましたが、まつもと鍼灸整骨院院長先生の治療を受けて腰痛が改善されて、足のしびれも軽くなって来ました。すごいです!! 有難いです。」

この患者様は10分歩くことで足がしびれるようになって来たので、整形外科を受診したら腰部脊柱管狭窄症と言われ、薬や理学療法などを受けたけど一向に回復せず、既に当院へ通院中の患者様の紹介で来院されました。検査してみると、やはり骨盤にある仙腸関節に機能障害(ズレ)があり、この部分と腰椎、足の関節に施術(AKA)を行うことで症状が軽減していきました。バドミントンが趣味で週に1,2回は練習しているとのことでしたが、最初の1カ月はスポーツ全般を禁止させていただきました。何故なら、せっかく骨盤が良い状態になってもスポーツをすることでまた悪くなる可能性があったからです。回復された今ではもうスポーツ解禁で積極的にバドミントンも楽しんでおられます。

僕は通院される患者様にはまず最初に説明することですが、結局「MRIの画像診断で脊柱管狭窄症と病名がついたとしても、痛みやしびれの原因は必ずその部分にあるわけではない」ということです。真に痛みの原因になっているところは実は骨盤にあることが非常に多く、そこを的確に見極めて施術をことが大切です。このことが根本治癒を促す最も重要で、尚且つ今まで非常に見落とされて来ていることなのです。DSC_0774

投稿日:2015/10/11

運動会シーズンのケガには気を付けましょう

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の佐竹です。
運動会シーズンも終盤になってきましたね。

普段、運動をほとんどしないお父さん!運動会で急に頑張り過ぎてケガは(肉離れ・捻挫など)大丈夫ですか?
肉離れを放置しておくと、損傷した筋繊維が瘢痕化(硬くなる)してしまい、柔軟性が著しく低下してしまいます。肉離れは久しぶりに運動をする場合は、筋肉の柔軟性が低下していること多い為、発症する可能性が高くなります。完全に治癒していない状態で運動を再開すると、肉離れの再発症の可能性も高くなります。

捻挫を発症してしまうと、関節がルーズ(動きすぎたり)になったり、逆に動きが悪くなったりして捻挫を繰り返してしまいます。
捻挫は初期の処置(安静・冷却・固定)が重要です。その後、関節可動域の低下があれば、改善させる治療をおこないます。
急に身体を動かして、肉離れ・捻挫などを発症してしまった方は、当院にてしっかり治療しましょう。

投稿日:2015/10/05

施術の感覚

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の生田です。

前回のブログに「真っすぐ歩けるようになりました。」と、患者様が言っておられたとありました。AKA療法を受けられた患者様によって感想は様々です。どの部位に痛みを持っている患者様に対しても、先ずは骨盤(仙腸関節)の施術から始めるのですが、骨盤を施術していて仙腸関節の動きが出てきだしたときに「足の方に血が通いだした感じがします。」とおっしゃられる方や、「足が痺れていて無くなっていた感覚が出てきた。」「仰向けに寝ていただいたときに右の足が外向きに倒れていたのに、両足の先がまっすぐ上を向いてる感じがする。」等々。もちろんすべての患者様がそういった感想を持つわけではありませんし、私も「どうですか。何か感じますか?感覚が変わりましたか?」などといちいち細かく聞きながら施術するわけではないので、皆さんがどのような感想を持ったのかは分かりかねるところはありますが、ご自身の体の感覚に対して敏感な方はこのように感じることができるみたいです。ただ、シビレのある場合一回や二回位の施術では症状が変わらないことも多いですし、今通われている方で4回施術で「少しマシになったかな」くらいの感覚の方がいるのも事実です。他には、背筋が伸びた感じがする。といった感覚の方もいますが、その様な細かい感覚を持っている方はそう多くないと思います。ちなみに私がこの施術を受けてもそのようなことを感じたことはありません。しかし、痛みや違和感を持って当院に来られる方の多くは施術前と施術後の違いを、何かしら感じていただいています。

投稿日:2015/09/30

守口市から、まつもと鍼灸整骨院にご来院の患者様「まっすぐ歩けるようになりました」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の岩武です。

AKA療法の施術後に患者さんからこんな声を聞くことができました。

「歩くときに左にまがって歩いてる感覚がまっすぐに歩けるようになりました」

この患者さんは普段歩いてるときから左にまがって歩く感覚があったみたいです。施術後に左にまがらずずまっすぐ歩けたみたいで思わず口から出た言葉です。

こういう患者さんの喜びの言葉を聞くと本当に嬉しくなります。

骨盤がゆがんでくると足の長さが変わってきます。この患者さんは骨盤のゆがみから左足が短くなっており施術で骨盤を整えると

足の長さが元に戻りまっすぐ歩けるようになりました。

歩いているときに左にまがったり、右にまがったりするのはするのは骨盤がゆがんでいるサインかもしれません。

そういう時は、ぜひ御相談下さい。

投稿日:2015/09/23

腰部脊柱管狭窄症の改善例~守口市 60代男性 K・F様

DSC_0686

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。

当院に寄せられた患者様からの声をご紹介いたします。

「腰に4本ボルト入ってる私です。手術後4年経過したぐらいから左脚がまた痛くなり(仰向けでもうつ伏せでももちろん歩いても)別のところに治療に行ってたんですがもうひとつよくならないのでこちらに来ました。3回目ぐらいから左脚の痛みがだんだんと消えていきました。今は楽になってます。ありがとうございました」

この患者様は腰部脊柱管狭窄症で4年前に手術を受けられたのですが、左脚の痛みと痺れが再発してしまい当院を受診されました。

脊柱管狭窄症の方は、手術後痛みや痺れが再発したり、或いは手術して腰の痛みは和らいでも、そもそも脚の痛みや痺れは取れない方が多いように感じます。そういう方にこそ当院で行っているAKA療法を受けて頂きたく思います。この患者様は今でも定期的に通院しておられ、再発を防止するようにメンテナンスを受けておられます。

投稿日:2015/09/14

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 22
最新の投稿
月別アーカイブ

[免責]個人の感想です