大阪府門真市で脊柱管狭窄症の施術なら、まつもと鍼灸整骨院へ!|門真市まつもと鍼灸整骨院へ!

脊柱管狭窄症

  • 整形外科で脊柱管狭窄症と言われて手術を勧められた
  • 手術を勧められたが受けたくないと思っている
  • 歩くと腰・脚が痛くなって歩けなくなるが休むとまた歩ける
  • 脚にしびれがある
  • 手術を受けたが再発した

このような症状でお困りではありませんか?

 

脊柱管狭窄症は加齢などで椎間板や靭帯が肥厚することで、神経の通っている管である脊柱管が狭くなり、さらにそうなることで神経が圧迫されて腰痛や脚のしびれや歩行が困難になったりする病気です。

一般的には椎弓という骨の一部や靭帯を切除する手術をして、脊柱管が狭くならないようにして神経の圧迫を取り除くことが完全に治す方法だと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

脊柱管狭窄症もヘルニア同様に手術をしなくても治すことが可能です。

正確に言うと狭窄症が本当の原因なのではなくて、これもヘルニア同様に骨盤にある仙腸関節の機能障害に原因があるということなのです。

データによると脊柱管狭窄症の場合、手術が必要で手術をしないと治らないタイプの方は全体の10%で、それ以外の90%の方は手術しなくても治っています

脊柱管狭窄症の方で、中でも歩行困難になっている方は仙腸関節が正常に機能していないケースが非常に多いです。「歩くと腰から足にかけて痛みが出る、或いはしばらく歩いていても痛みのために長くは歩けないけど、少し休憩すればまた歩けるようになる方」こういう方は当院で行っているAKA療法をお勧めします。

AKA療法とは?

 

AKA療法は痛みの原因である関節の機能障害を取り除く技術です。

痛みが出ている場所が直接原因になっていることもありますが、本当の原因は別の場所にあることもあります。

例えば、いわゆる坐骨神経痛のような足に痛みがでる症状は、本当に悪いのは腰であり足ではありません。要するにいくら足を治療しても治らないわけです。つまり実際に痛みが出ている場所が本当の痛みの原因ではないことが非常に多くあります。

この2次的な痛みのことを関連痛といいますが、この痛みのほとんどの直接の原因となっている場所が骨盤にある仙腸関節です。

仙腸関節のズレをリセットしてその可動域を正常にして機能を取り戻すことで、腰に負担をかけなくすることができます。さらに腰がよくなることで足に出ている症状も回復してきます。

さらに腰椎の弯曲の状態をチェックして、弯曲異常がある方にはそれを改善する施術と体操の指導をさせて頂きます。そうすることで早期の回復ができるようにします。

また、手術を受けたのに治らなかったり、手術後数年経過した後で脊柱管の狭窄がなくなったにも拘らず痛みがぶり返す方もいらっしゃいます。このような方にもAKA療法をお勧めします。

当院では施術を4段階に分けて進めていきますが、その中で鍼治療が必要な場合があり、AKAと併用して行うことで治癒までの期間を短縮できます。

当院の脊柱管狭窄症の施術例はこちらからご覧ください。

もし、これらの施術例で該当するようなものがあったり、気がかりな点がございましたら当院までお電話にてご相談下さい。

門真市 まつもと鍼灸整骨院 施術の流れ

  • 1.受付

    受付でカウンセリングシートをお渡しします。

  • 2.カウンセリング

    カウンセリングシートのご記入をお願い致します。
    わかる範囲で結構です。

  • 3.検査・説明

    現在の痛みの状態などについて詳しくお話をお伺いします。

  • 4.施術

    お一人お一人の状態やご希望に合わせ、施術を行っていきます。

  • 5.今後の施術方針

    痛みの原因や今後の施術計画について、ご説明致します。

  • 6.お大事に!

    お大事に!
    元気になってお帰りいただきます。

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

まつもと鍼灸整骨院 大阪府門真市大池町14-32,電話:072-882-2337
交通事故後遺症でお悩みの方はこちら
TOPへ戻る

[免責]個人の感想です