大阪府門真市で免疫力アップの施術なら、まつもと鍼灸整骨院へ!

免疫力アップ施術

  • 風邪をひきやすい
  • 体が疲れやすい
  • 寝不足が続いている
  • 何となく体調が悪い
  • コロナウィルスに感染したら・・・と考えると怖い

このような症状でお困りではありませんか?

 

新型コロナウィルスによる感染で重症化する方もいれば、感染しているにもかかわらずあまり症状が出ない方もおられます。この違いは何でしょうか?

免疫力とは?

免疫力とは、体に侵入する細菌やウィルス・花粉や、細胞に増殖するがん細胞などの体に害をもたらすものに対しての抵抗力のことで、体にはこのようなものから体を守る防御(免疫)システムが備わっています。

 

この免疫システムはとても緻密にできていて、幾重にも防御が張り巡らされています。

 

例えば、がん細胞は人間の場合1日に5000個できると言われていますが、この免疫システムがなければ、あっという間にがん細胞が増殖して体にダメージを与えてしまいます。

 

また、カゼのウィルスや細菌などから体を守っているのも、白血球やリンパ球といった免疫細胞がきちんとこれらを攻撃してくれているからです。

免疫力はなぜ落ちるの?

免疫力が落ちる原因はいろいろありますが、

 

1)睡眠不足 2)精神的なストレス 3)栄養の偏りや不足 4)激しい運動や筋トレ 5)規則正しくない生活 6)高齢者(特に糖尿病や高血圧などの基礎疾患がある方)

などがあります。

 

1)はそもそも睡眠時間が取れないということもありますが、何より「夜熟睡できない」という不眠が大きく割合を占めます。

熟睡できないということは自律神経の乱れにより交感神経が優位になっていることの表れであり、この自律神経の乱れが免疫力を下げる原因のひとつになります。

 

2)精神的なストレスも自律神経を乱す原因のひとつです。

 

3)栄養のバランスを良くするのは言うまでもなく、さらにタンパク質は免疫細胞を作る土台となる成分なので多めに摂取する必要があることが報告されています。

 

4)激しい運動、特に筋トレ後は筋肉が損傷しこれを治そうとして免疫細胞が働きます。そうすると炎症反応が起こり、これが “痛みや腫れ” となって体の反応として現れます。

ところが日常的に激しいトレーニングをくり返し行うと、炎症が起こらないようにするために免疫細胞が働きにくくなってしまいます。その結果免疫力が落ちてしまうことになります。

 

5)ヒトには体の恒常性を保つ体内時計が埋め込まれています。この体内f時計はホルモンや自律神経によってコントロールされ恒常性を維持しているわけですが、規則正しくない生活は体内時計を狂わせ免疫力の低下を招きます。

 

6)免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳以降は免疫機能は下がってくると言われていますが、特に50代以降は急激に変化が現れ、70代以降は20~30代の半分以下になると言われています。

 

上記の中で3)4)は日常生活で対応することで改善できます。

例えば3)はタンパク質やビタミンCなどの免疫力を上げると言われているものを多めに摂取してさらに栄養バランスの良い食事をすることで改善できます。

 

4)は翌日に疲れを残すような運動を控えたり、ある程度筋肉を休ませながら運動を行うことで改善できます。

 

1)2)5)の方や、6)の方が1)2)5)のような状態に陥ることで、かなりの免疫力の低下を招くことになるので注意が必要です。

当院での免疫力アップの施術方法

 

大阪門真市のまつもと鍼灸整骨院では、免疫力をアップするために、特に上記の1)2)5)を改善するための3種類の施術を行っております。

 

まず最初に、1)2)5)で共通して言えることは「自律神経の乱れ」です。

 

この自律神経の状態を改善することが免疫力をアップするために必要なことです。

 

自律神経症状の改善についてはこちらのページをご覧になって下さい。

 

2番目に頭蓋底(頭蓋骨の下の部分)にある関節受容器を刺激することでも免疫力のアップが図れます。

 

頭蓋骨には副鼻腔という4つの空洞があります。鼻から吸った空気は、鼻腔を通過してこの副鼻腔にある何層にもミルフィーユ状になっているフィルターを通過しますが、この時に副鼻腔内で花粉やほこり微生物などを取り除く働きをしています。

 

この副鼻腔の下の部分、つまり頭蓋骨の下側にある頭蓋底と言われている部分には関節が存在します。

後頭骨・側頭骨・篩骨・蝶形骨からできているこの関節面には、仙腸関節や手足の関節と同じように関節包があり関節包の中にはレセプターが存在します。

具体的に言いますと、①蝶形ー篩骨軟骨結合 ②蝶形ー側頭軟骨結合 ③蝶形ー後頭軟骨結合 側頭ー後頭軟骨結合の4つの関節面です。

この関節包に刺激を入れてレセプターを活性化することで、この副鼻腔のフィルター機能をアップさせることができます。

 

当院ではこの副鼻腔のフィルター機能アップ施術=「AKSクラニアル」を行っております。これを行うことで、免疫力のアップを図ります。

 

最後に鍼を行うことでも免疫力が図れます。

 

ヒトの体にある経穴(ツボ)のうち免疫力をアップする経穴が複数ありますが、その中からその方に合った8ヵ所を選んで刺鍼します。

 

大阪門真市まつもと鍼灸整骨院の免疫力アップ施術は、この3種類のうち2~3種類をセットで行うことで免疫力のアップを図ります。

門真市 まつもと鍼灸整骨院 施術の流れ

  • 1.受付

    受付でカウンセリングシートをお渡しします。

  • 2.カウンセリング

    カウンセリングシートのご記入をお願い致します。
    わかる範囲で結構です。

  • 3.検査・説明

    現在の痛みの状態などについて詳しくお話をお伺いします。

  • 4.施術

    お一人お一人の状態やご希望に合わせ、施術を行っていきます。

  • 5.今後の施術方針

    痛みの原因や今後の施術計画について、ご説明致します。

  • 6.お大事に!

    お大事に!
    元気になってお帰りいただきます。

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

まつもと鍼灸整骨院 大阪府門真市大池町14-32,電話:072-882-2337
交通事故後遺症でお悩みの方はこちら
TOPへ戻る