大阪府門真市で頚椎椎間板ヘルニアの施術なら、まつもと鍼灸整骨院へ!|門真市まつもと鍼灸整骨院へ!

頚椎椎間板ヘルニア

  • 頚椎ヘルニアと診断され手術を勧められた
  • 首を動かすと痛む
  • しびれや痛みが腕に来る
  • 手術は受けたくない
  • 首を牽引しているが効果を感じない

このような症状でお困りではありませんか?

 

頚椎ヘルニアは、首の骨(頚椎)と骨の間にある椎間板からその中にあるクッションの働きをしている流動体(髄核)が外に飛び出してしまう病気です。

首の神経は腕に向かって走行しているので、その外に飛び出したもの(ヘルニア)が神経に対してストレスを与えると腕に痛みやしびれが出ることになります。

病院での頚椎椎間板ヘルニアと言われると最終的には手術

頚椎ヘルニアの診断の決め手はMRIによる画像診断です。病院では頚椎の何番と何番の間からヘルニアが出ているので、ここを切除すると治りますよと言われます。

しかし当院にはヘルニアの手術をしたにも拘わらず、痛みや痺れが再発する患者様も来られます。これはいったい何を意味するのでしょうか?

手術が必要なヘルニアと必要でないヘルニアの違いは?

頚椎の椎間板にヘルニアがあっても実は無症候、つまり症状が出ない場合が多くあります。

そういう意味で、原因であるかもしれないヘルニアの部位と実際出ている痛み・しびれが腕のどの部分に出ているかが大切になってきます。

MRIの画像でヘルニアが見つかった=ヘルニアが原因なのでそこを手術

では症状の改善がうまくいかないことが非常に多いのです。

当院では手術が必要なヘルニアと手術がいらないヘルニアを分類します。

真にヘルニアが原因で手術が必要なものは、当然その神経が走っている領域にしびれや痛みなどの症状がでますが、手術が必要でないヘルニアの場合は、その神経走行以外の部分にしびれや痛みが出ます。

要するに、神経の走行と症状のエリアが合致しないもの、こういう方は当院のAKA療法で痛み・しびれを軽減することができます。

当院での頚椎ヘルニアの施術方法

当院では首のある頚椎を施術する前に、その縦のラインの土台の部分である骨盤(仙腸関節)をチェックします。

土台が正常化しないと柱である縦のライン、つまり頚椎も正常にならないからです。

頚椎と同様に胸椎も大切です。特に腕に出ている症状は胸椎に原因があることも非常に多いからです。

土台が安定する、つまり骨盤の仙腸関節が安定して機能するようになることで胸椎、頚椎が正常化して痛み・しびれが軽減していきます。

当院の頚椎椎間板ヘルニアの施術例はこちらからご覧ください。

もし、これらの施術例で該当するようなものがあったり、気がかりな点がございましたら当院までお電話にてご相談下さい。

門真市 まつもと鍼灸整骨院 施術の流れ

  • 1.受付

    受付でカウンセリングシートをお渡しします。

  • 2.カウンセリング

    カウンセリングシートのご記入をお願い致します。
    わかる範囲で結構です。

  • 3.検査・説明

    現在の痛みの状態などについて詳しくお話をお伺いします。

  • 4.施術

    お一人お一人の状態やご希望に合わせ、施術を行っていきます。

  • 5.今後の施術方針

    痛みの原因や今後の施術計画について、ご説明致します。

  • 6.お大事に!

    お大事に!
    元気になってお帰りいただきます。

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

まつもと鍼灸整骨院 大阪府門真市大池町14-32,電話:072-882-2337
交通事故後遺症でお悩みの方はこちら
TOPへ戻る

[免責]個人の感想です