大阪府門真市で坐骨神経痛の施術なら、まつもと鍼灸整骨院へ!

坐骨神経痛

  • おしりから太もも、ふくらはぎ、足にかけて痛みやしびれがある
  • 歩くと脚に痛みが出て歩きづらい
  • 座っていると脚がしびれてくる
  • 体を反らしたり前かがみになると脚に痛みやしびれが出る
  • 夜寝ている時に腰や脚の痛みで目が覚めることがある

このような症状でお困りではありませんか?

 

坐骨神経痛は病名はなく、実際は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症やすべり症等に付随してくる症状になります。

腰椎椎間板ヘルニアはこのページをご覧になって下さい⇒ココをクリック

脊柱管狭窄症はこのページをご覧になって下さい⇒ココをクリック

 

ここでは骨や椎間板等に異常がないのに、症状が現れるケースについてお話させていただきます。

レントゲンやMRIに異常がないにも拘わらず、坐骨神経痛の症状が出る場合があります。なぜこういうことが起こるのかというと、これは腰椎の捻じれにあります。これは具体的には腰椎自体を一個ずつ繋いでいる関節である腰椎椎間関節が正常に機能せず動いていない状態を意味します。

例えば坐骨神経痛でよく訴えられている症状は、おしりから太ももの後ろを通ってふくらはぎに突っ張りや痛みが出るものです。この部分の痛みは第5腰椎の下から出ている神経にストレスがかかることで起こりますが、そのストレスの原因が腰椎椎間関節の機能障害です。

 

腰椎椎間関節の機能障害とは?

腰椎にある椎間関節は正常であればよく動く状態、つまり開いたり閉じたりする動きをします。しかし、何らかの原因でこの部分が動かなくなった状態が、腰椎椎間関節の機能障害です。

これが起こることで腰椎から出ている神経のエリアごとに症状が出てくることになります。例えば、坐骨神経痛と言われる殿部から太ももの後ろ~ふくらはぎにかけての痛みやしびれは第5腰椎と仙骨の間から出ている神経に対して椎間関節が捻じれることでストレスや圧迫がかかることで症状が出ます。

さらに腰椎椎間関節のレベル(腰椎は5個あって上から1番ー5番まであります)によって脚に出る症状のエリアが変わってきます。

坐骨神経痛の施術方法

施術はやはり土台の部分、つまり仙腸関節の機能を取り戻すことから始めます。

仙腸関節が機能を失うことで土台より上の縦のライン、つまり背骨である腰椎・胸椎・頚椎のいづれかが機能を失うことになるからです。その機能を失った部分が腰椎にあることで脚に症状が出ることになります。

逆に言うと、仙腸関節に異常がなければ、それは全く別の原因で症状が出ていることになりますから、その鑑別のためにも仙腸関節の状態をチェックすることには意義があります。

検査後、仙腸関節に機能低下が認められたら、まず仙腸関節をリセットすることをします。仙腸関節がリセットされると腰椎椎間関節の動きがすぐに良くなり機能を取り戻し始めます。

AKA療法は仙腸関節だけではなく椎間関節に対しても施術方法があるので、そこで椎間関節を開くように動かす施術を行います。そうすることで腰椎の捻じれが無くなり神経に対してのストレスや圧迫から解放されることになり、症状が軽減しその後消失します。

当院の坐骨神経痛の施術例はこちらからご覧ください。

もし、これらの施術例で該当するようなものがあったり、気がかりな点がございましたら当院までお電話にてご相談下さい。

門真市 まつもと鍼灸整骨院 患者様の声

アドバイスいただき納得です。

まつもと整骨院に辿り着くまでに3件の整骨院に通うも腰痛(歩行困難)は改善されず。

一つ目は坐骨神経痛と言われ、施術を数回受けるも施術の限界ですと言われる。

二つ目は整体屋さん、坐骨神経痛だと思いますと告げ、施術を受けるも痛みの原因は告げられず。

三つ目はレントゲンを撮られ、痛みがとれなければ、手術をすすめられる。

まつもと整骨院では触診をされた時点で、痛みの原因をピンポイントで明らかにされました。

模型を使ってわかりやすく説明してくれましたので、ここならなんとかなると思いました。

症状改善のための簡単なストレッチ法等、アドバイスいただき納得です。

症状改善には思ったより時間は掛かりましたが、今では普通に歩けるようになりました。

規定に従い、一部表現を変更しています。
「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

不安もなく、通院出来ました。

坐骨神経痛になり、近くの病院に通っていましたが、全く良くならず、インターネットで検索した時に、この病院がヒットし、ワラをもすがる思いで来院。

細く状態を聞いて、詳しく説明してくれ、不安もなく、通院出来ました。

施術して頂いたおかげで、あんだけの激痛が今は、ほぼなくなりました。

スタッフの方々も気さくに話して頂きました。

院長先生、はじめスタッフの方々に感謝感謝デス(^▽^)

規定に従い、一部表現を変更しています。
「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

門真市 まつもと鍼灸整骨院 施術の流れ

  • 1.受付

    受付でカウンセリングシートをお渡しします。

  • 2.カウンセリング

    カウンセリングシートのご記入をお願い致します。
    わかる範囲で結構です。

  • 3.検査・説明

    現在の痛みの状態などについて詳しくお話をお伺いします。

  • 4.施術

    お一人お一人の状態やご希望に合わせ、施術を行っていきます。

  • 5.今後の施術方針

    痛みの原因や今後の施術計画について、ご説明致します。

  • 6.お大事に!

    お大事に!
    元気になってお帰りいただきます。

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

まつもと鍼灸整骨院 大阪府門真市大池町14-32,電話:072-882-2337
交通事故後遺症でお悩みの方はこちら
TOPへ戻る