門真市で整骨院をお探しなら、まつもと鍼灸整骨院へ!

首コリ、頭痛について

門真市の、まつもと鍼灸整骨院生田です。今回は首コリの事を少々。まずは何も考えずに背中(骨盤と左右の肩甲骨)を壁につけてみましょう。その時に後頭部も壁につきますか。無理につけようとすると顎が上がって頭頂部あたりを付けたり、首の後ろが突っ張ったりしませんか。その場合、正常よりも頭が前に倒れて首が伸ばされている証拠です。ストレートネックになっているかもしれません。日常の生活の中には首を前に倒すことばかりで後ろに引くことはほとんどありません。パソコン作業やスマホの操作、料理を作るときもほとんど下を向いたまま。通常首の骨(頸椎)は、横から見ると後ろに反っているようになっていますが、その様に伸ばした状態を強要され脛骨がストレートネックと呼ばれる真っすぐに伸びた状態になります。そうなると首の後ろの筋肉も無理に伸ばされて張りや痛みを感じるようになります。そして頭の方へ行く血流も悪くなり、頭痛が起きたり目も疲れやすくなったりするのです。特に頸椎の上位、後頭部の下あたりが固くなっています。そこでそれに関する関節の動き(頸椎だけではありません)を付けるとその症状は和らぎます。頭痛にも色々ありますのですべての頭痛の原因というわけではありませんが。

投稿日:2017/10/09

門真市 70代 女性 「腰の痛みがとれ楽に動けるようになりました」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の前田です。患者様の声をご紹介したいと思います。

「急に朝起きるとベットから起き上がれず這うようにしてトイレに行き寝たまま着替えるといった状態で病院で検査を受けたが原因がわからず、痛み止めと日にち薬で様子をみるように言われた。月日を経つにつれ不安になり、こちらの接骨院を訪れました。一回の治療で嘘のように楽になり、一か月程で買い物等30分程度の歩行ができるようになりました。うれしかったです。寒くなる冬に備えて時々治療を受けようと思っています。」

この患者様は重度の腰痛のために、始め歩けず、数週間程入院されていました。退院されてからも痛みがひかず外出もできなかったそうです。こちらに来院された際も動きずらく、体勢を変えるたびに痛みがありました。詳しく検査を行うと仙腸関節の動きに問題があり、正常に機能していませんでした。AKA療法を行い、二回目来院された際には痛みも楽になりスムーズに動けるようになっていました。現在は治療間隔を徐々にあけていきながらメンテナンスを行っています。今では5、6キロ歩けるまでに改善されています。

門真市 M101

 

投稿日:2017/09/30

交通事故でむちうちになられた患者様へ

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の岩武です。

「交通事故にあってから首が痛くなった」

交通事故にあわれてから首が痛くなった患者様おられます。
初めは右側の首が痛かったのが次は左が痛くなり、その後は腰が痛くなったり、また右の首安定されない患者様がおられました。

この方のように交通事故のあとは、症状が良くなったり悪くなったりを繰り返し初めは安定されない方もおられます。
治療をされていると時間の経過とともに少しづつ良くなって症状も安定してきますが、事故のあとに治療をされてないと症状が治らず、後遺症が長引いて辛い思いをされている方もおられます。

この方も初めは、症状が右に左に出ていたが最近では症状がどんどん安定するようになってきています。

交通事故のあとの治療はしっかりと治療される方が良いとつくづく思いますね。

投稿日:2017/09/25

門真市 Y子様 「酷い腰痛の改善例」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。本日ご紹介させて頂くのは、介護施設で働いておられて、今まで何回もぎっくり腰をされ、常に腰の鈍痛と違和感に悩まれ、またいつぎっくり腰をするかと不安な日々を送っておられる患者様のケースです。

「腰痛がひどく買い物に出ても、途中で歩けなくなるような日々を過ごしていて途方に暮れていたところ、院長先生と出会えることができました。もう仕事も出来ないのでは・・・と不安でいっぱいでしたが今では仕事もでき、買い物も難無くこなせています。院長先生との出会い、整骨院スタッフの方との出会いに感謝のみです。ありがとうございます。」

この方の症状の特徴は、朝起きてすぐが痛みが強く、腰を曲げたり伸ばしたりができません。でも痛みを我慢してしばらく動いていると、徐々にましになってきます。

この「痛みを我慢してしばらく動いていると痛みがましになってくる」というのは仙腸関節機能障害の特徴の一つですが、これは日によっても違い、動かしていてもましにならない時もあります。そういう場合は痛みで動くのがつらくなりそのままじっとしているより仕方がありません。

こういう場合、当院ではAKA療法による骨盤にある仙腸関節の矯正を行います。すると伸びなかった腰がスッと伸びるようになり歩行も楽になります。

このように、朝イチで腰が痛く動きにくい方は当院のAKA療法をお勧めします。

門真市 Y子100

 

投稿日:2017/09/17

仙腸関節機能障害による腰痛患者様(吹田市・73歳・男性)改善例

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の佐竹です。

当院に寄せられた患者様の声を紹介させていただきます。

「昨年6月、仙腸関節症解消のAKA博田法に魅せられて当院に行きました。左足首骨折から右肩が下がり「くの字」形に歩いていました。

そのために骨盤の高さが左右で違ってきました。これを痛くない手技療法を30分間施術、その後太股、左足首へのスチーム投射(非常に気持ちが良い)。2か月間は毎週、その後2週間毎、1年後には4週間毎になりました。

今では骨盤のずれはまだ少しあるものの痛みは時折ある程度になりました。1年間通院した現在、仙腸関節症解消にはほぼ満足しています。今後リバウンドの問題を聞きながらもう少し通院したいと思っています。」

歩容が悪くなると仙腸関節に負担が加わります。仙腸関節の機能障害が生じると元々悪かった部位がますます悪くなります。この悪循環を改善させる為にはAKA療法による治療が必要になります。

吹田市 73歳098

投稿日:2017/09/09

交通事故で他院から転院”もっと早くこちらに来ればよかった”

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の生田です。

”交通事故に遭い他の整骨院に通っていたのですが全然よくならないのでこちらのホームページを見て寄せてもらいました。”という患者様が来られました。主訴は首の痛みと右手の痺れ。体を調べると頸椎及び胸椎それと骨盤の仙腸関節の動きが悪くなっていました。その治療院ではどのような治療をしていたのか尋ねると電気治療とマッサージそれと少し体を動かしたり、と言う様な事をしていたらしいのですがいつまでも症状が改善しないのでどういう状態なのか尋ねたところ”当院ではこれ以上診ることはできません”と言われ保険会社に相談し、他の治療院へ移る許可を得て当院に来られました。事故の場合、治療費は保険から降りるので自己負担がかからないことはご存知のようでしたが、あまり詳しいことは聞いていないようでしたのでその辺の説明と今の体の状態そしてどのように治療をしていくかを伝えてから治療に入っていきました。来院されてからひと月ほど経ちましたが、まだ手の痺れは少し残っているものの”かなり良くなってきています。もっと早くこちらに来ればよかった。”と言っていただいており、うれしい限りです。”

投稿日:2017/09/02

門真市 70代 女性 「肩が動くようになりました」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の前田です。患者様の声のご紹介をします。

「両肩が動くようになり、安心しています。やさしく、ゆっくりと治療してもらい、もう痛いのをがまんする年では無いですね。まだまだ直るまで時間がかかるでしょうが、お願いします。前田先生、やさしいスタッフの皆様、これからも宜しくお願いします。」

70代女性で始めは肩こりのような症状があり、徐々に両肩が動きにくくなり、日常生活にも支障をきたすようになり、来院されました。

初診時は、洗濯物を干す、棚のものを取る、衣服の脱着などの際に肩に強い痛みを感じ、極力身体を動かさないようにされていました。

検査をしていき体をチェックすると、肩の関節周囲の動きがスムーズに動いていないことと、姿勢が崩れ背中が丸まっていました。肩の動きには姿勢のバランスというのが非常に重要になってきます。背中が丸まると背骨や肋骨の動きが悪くなり、肩まで動きにくくなってきます。その状態で肩を使い続けると肩に負担がかかりやがて痛みにつながります。

治療としては、身体の土台となる骨盤、背骨に対して施術(AKA療法)をして身体の姿勢、バランスを整えるようにすると同時に、肩の関節自体をスムーズに動きやすくするように診ていきました。背中がまっすぐ伸びるようになるにつれ、痛みや肩が動きやすくなってきました。今では日常生活の支障もなくなり以前の痛みもとれました。現在は若干、動かしくく感じる時もあるようですが治療間隔をあけていき治療を継続しています。

祝賀小夜子097

 

投稿日:2017/08/26

交通事故の認知度について

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の岩武です。

「弟が交通事故にあったみたいです」

交通事故に遭われたお兄さんが治療で来院されました。
弟さんは事故に遭われてから治療をせずに何週間過ごしているそうです。
話を聞いていくと交通事故についてあまり知らないみたいで慰謝料が出ることや交通事故の治療を0円で受けれることを知らないそうです。
その話を聞いたときに弟さんがあとで後悔しなければいいなと思いました。
交通事故の症状はあとからひどくなることもあります。
治療を受けていればと後悔することもあるかもしれない。
交通事故の知識があればその後が変わってきます。

もう遅いかもと思われても一度来ていただきたいと思います。
事故に遭われたときの対応についてしっかりとお伝えします。

投稿日:2017/08/21

門真市 30代 女性 交通事故「足のしびれ、痛みがほとんどなくなりました」

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。本日ご紹介させていただくのは、バイクで走行中に車に当てられて転倒し、足と腰を負傷された患者様です。

左の足首の腫れと痛みと痺れが主訴でした。痺れは腰が原因なので、AKA療法を行うことで消失していきましたが、腫れと動かす時の痛みは足首自体の関節の動きが良くならないと回復しません。

足首を動かすことに関与する関節はたくさんあります。足首だけではなく膝や足の甲にもあります。これらの関節が正常に動くようになって機能を取り戻すことで、腫れや痛みが回復していくようになります。

実はこの足首の動きにも仙腸関節は大きく関与しています。初診時に仙腸関節の動きをチェックしたら、左右共に仙腸関節は8方向中4方向悪い状態でした。これをリセットすることで、さらに腰椎を経由して足首の動きが良くなっていき、痛みも軽減していきました。

このようにして事故の外傷による痛みの場合でも、AKA療法を行うことで痛みを消失させることができます。当院では交通事故に遭われた患者様には、無料でこのAKA療法を提供して根本治療を行っております。

渡辺菜名子096

 

 

投稿日:2017/08/14

交通事故によるむち打ち

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の佐竹です。

交通事故によるむち打ちついてお話したいと思います。

むち打ち等の交通事故に伴う様々な痛みや不調は、数日~数か月経てから症状が悪化してしまうことがよくあります。

交通事故直後は興奮状態にあるため、その場で痛みを感じないことも多い

ことを知っておいてほしいです。

症状が悪化して後遺症を残さないためにも、当院では事故の状況やケガの状態、その後の経過等を検査させていただいた上で、お一人お一人の症状にあわせた手技によるマンツーマン治療を行い交通事故後遺症の早期回復をお手伝いしております。

交通事故によるむち打ち等の痛みにお悩みの方は当院までご予約下さい。

投稿日:2017/08/06

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 22
最新の投稿
月別アーカイブ

[免責]個人の感想です