門真市で整骨院をお探しなら、まつもと鍼灸整骨院へ!

腰椎ヘルニアの患者様 門真市 57歳女性「手術するほどではないと言われましたが・・・」

2016/11/07【 腰椎椎間板ヘルニア 腰痛・ぎっくり腰

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の松本です。

本日ご紹介するのは、腰椎ヘルニアで「手術するほどではない」と病院で言われたにもかかわらず、腰から左太ももの裏にかけて痛みがあり、歩行も困難だった患者様です。

初診時は痛みのためか、少し跛行ぎみ(足を引きずっておられる)の状態でした。仙腸関節の異常を診るストレステストを行うと反応があり、膝裏の痛みと関連がある第5腰椎の動きも悪かったので、この部分が良くなれば痛みは無くなることを説明させていただきました。

早速AKA療法を行いましたが、仙腸関節の動きが一時的に良くなってもまた戻りやすいタイプの方なので、安定するのに1カ月ほどかかりました。今では痛みはほぼ無くなっています。あとは痺れが残っていますが、それも少しずつ取れていくと思います。

痛みが続いている間、この患者様には「先生、本当に治りますか?」と何回も尋ねられたことを思い出します。

本当に痛みが消えて良かったとつくづく思います。

%e9%96%80%e7%9c%9f%e5%b8%82y%e3%83%bbm048

投稿日:2016/11/07

ブログ一覧

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

大阪府門真市大池町14-32.電話:072-882-2337
TOPへ戻る
最新の投稿
月別アーカイブ

[免責]個人の感想です