門真市で整骨院をお探しなら、まつもと鍼灸整骨院へ!

運動会シーズンのケガには気を付けましょう

2015/10/05【 腱鞘炎・捻挫

門真市の、まつもと鍼灸整骨院の佐竹です。
運動会シーズンも終盤になってきましたね。

普段、運動をほとんどしないお父さん!運動会で急に頑張り過ぎてケガは(肉離れ・捻挫など)大丈夫ですか?
肉離れを放置しておくと、損傷した筋繊維が瘢痕化(硬くなる)してしまい、柔軟性が著しく低下してしまいます。肉離れは久しぶりに運動をする場合は、筋肉の柔軟性が低下していること多い為、発症する可能性が高くなります。完全に治癒していない状態で運動を再開すると、肉離れの再発症の可能性も高くなります。

捻挫を発症してしまうと、関節がルーズ(動きすぎたり)になったり、逆に動きが悪くなったりして捻挫を繰り返してしまいます。
捻挫は初期の処置(安静・冷却・固定)が重要です。その後、関節可動域の低下があれば、改善させる治療をおこないます。
急に身体を動かして、肉離れ・捻挫などを発症してしまった方は、当院にてしっかり治療しましょう。

投稿日:2015/10/05

ブログ一覧

お問い合わせ・治療の悩みのご相談はこちら

大阪府門真市大池町14-32.電話:072-882-2337
TOPへ戻る
最新の投稿
月別アーカイブ

[免責]個人の感想です